東京都日野市

東京都日野市を、ご存知ですか?

詳しく知らないんで、調べてみました。

日野市は、東京都の多摩地域南部にある市ですよ。

日野市は、かつては日野宿が設置されており、甲州街道の農業を中心とした宿場町として繁栄しましたよ。新撰組の副長として活躍した土方歳三や六番組隊長の井上源三郎の出身地ですよ。

また、日野市は市内最大の大企業である国内トラック・バス製造業界最大手の日野自動車の企業城下町でもありますよ。

日野市には、昭和に入ってからは大規模企業や大規模団地が進出しているものの、河川や丘陵地が多く、国土交通省より水の郷百選に認定されるなど自然も多いですよ。また、多摩地区としては水田や野菜畑などの農地が占める割合が高く、都市農業の代表的な都市として紹介されることが多いですよ。

日野市は平成22年国勢調査によれば、東京都特別区部への通勤率は20.9%、八王子市への通勤率は12.0%ですよ。

日野市は大きく分けて稲作の多い低地、畑や工場の多い台地、森林の多い丘陵地に分けられますよ。いずれも近年は宅地化が進んでいますよ。

日野市は東京都の島嶼部を除く地域のほぼ中央に位置し、市域の西側に広がる日野台地は関東ローム層の堆積した土地で、西隣の八王子市へと続いていますよ。北から東にかけては 隣接する昭島、立川、国立、府中の各市との境界を多摩川が流れ、市域の南部に広がる多摩丘陵(七生丘陵)の北側を西から流れてきた浅川と南東部で合流していますよ。

日野市の低地部は多摩川と浅川に挟まれていることで用水路や田が多く、そして礫層を基盤とする台地や丘陵を抱えていることもあって、市内には179ヶ所の湧水が確認されていますよ。

日野市の北西部にある台地は関東ローム層で覆われており、日野台地と称されていますよ。西隣の八王子市に続いていて、かつては桑畑が広がっていたが、昭和10年ごろからいわゆる日野五社を始めとする大企業の工場の進出が相次ぎ、大手トラックメーカー日野自動車の本社および工場もここにありますよ。さらに昭和30年代からは宅地としての開発が進みましたよ。特に昭和33年(1958年)から入居の始まった多摩平団地は団地の先駆け的存在ですよ。

日野市域南部は多摩丘陵が広がっていて、昭和30年代まではハイキング客などで賑わっていましたが、その後は宅地化が進み、基本的に緑が失われましたよ。

日野市は関東平野の内陸に位置するため都心よりも冬は2〜3℃気温が低く、積雪は20~30cmほどですよ。宅地化の進展などによる反射熱により、夏の最高気温は反対に高い場合もありますよ。

日野市にある主な河川として、多摩川、浅川、程久保川、根川、谷地川(ごく一部分)がありますよ。

日野市にある主な用水路として、新井用水、一宮用水、落川用水、上田用水、上村用水、川北用水、黒川水路(用水)、高幡用水、豊田用水、日野用水、平山用水、向島用水、南平用水がありますよ。

日野市は2005年に夜間人口(居住者)は176,527人ですよ。市外からの通勤者と通学生および居住者のうちの市内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は154,114人で、昼は夜の0.873倍の人口となり、夜間に比べて昼の人口は2万2千人ほど減りますよ。

通勤者・通学者で見ると市内から市外へ出る通勤者52,683人、市外から市内へ入る通勤者は32,366人と通勤者では市外へ出る通勤者のほうが多く、学生でも市内から市外に出る通学生は10,107人市外から市内へ入る通学生は8,011人と学生でも昼は市外へ流出する人数のほうが多いですよ。

日野市にある住宅団地として、西武建設西武百草園団地、都市再生機構高幡台団地、都市再生機構 百草団地、都営新井団地、東京都住宅供給公社平山団地、川原付団地、都市再生機構 豊田駅前第一団地、都市再生機構 豊田駅前第二団地、都市再生機構 多摩平団地がありますよ。

日野市の農業については、宅地化の進行により戸数は減少しましたが、現在も野菜等を栽培する農家が見受けられますよ。多摩川梨の商標で売られている梨が生産されていますよ。また、地元のブルーベリーを使った発泡酒やケーキなども売られていますよ。ブルーベリーが新たな特産品といえ、夏場は市内各所でブルーベリー狩りが可能ですよ。

他に日野市の倉沢地区ではリンゴ狩りやミカン狩りもありますが、数日間に限定されますよ。トマトやレタスの栽培が比較的盛んですよ。日野市は現在でも農業が主力産業のひとつですよ。

日野市の商業については、各駅周辺や国道沿いに小売店舗が集積していますが、立川・八王子市街、聖蹟桜ヶ丘等の商業集積地に近く、また都心への交通の便が良いため、百貨店はありませんよ。ショッピングモールは2014年11月にイオンモール多摩平の森が開業しましたよ。

日野市の工業については、1930年からの昭和恐慌対策として日野町がとった施策が工場誘致ですよ。1936 – 1943年に5社=日野台地上に六桜社(コニカミノルタ)、吉田時計店(オリエント時計)、東京自動車工業(日野自動車)、神鋼電機(神鋼電機は撤退、跡地は現在都立日野台高校と市立大坂上中学校となっている)、富士電機が誘致され、これら(日野5社という)を皮切りに日野は内陸工業都市として発展していきましたよ。2020年までに日野自動車日野工場の移転が予定されており影響が心配されていますよ。

日野市にある主な企業として、日野自動車(本社・日野工場)、セイコーエプソン(日野事業所)、コニカミノルタ(東京サイト日野)、富士電機(東京事業所)、帝人(東京研究センター)、GEヘルスケア・ジャパン(本社)、ファナック、トッパンフォームズ、NBCメッシュテック(本社)、東芝テリー(本社)、日本HP(日野工場)がありますよ。

日野市にある大学・短期大学として、首都大学東京(日野キャンパス、旧東京都立科学技術大学)、明星大学、実践女子大学、杉野服飾大学、実践女子短期大学がありますよ。

日野市にある図書館として、日野市立図書館(中央図書館、高幡図書館、日野図書館、多摩平図書館、平山図書館、百草図書館、百草台児童図書館、市政図書室、移動図書館ひまわり号)がありますよ。

日野市にある博物館として、日野市郷土資料館 (旧・日野市立ふるさと博物館)、新選組のふるさと歴史館、日野宿交流館がありますよ。

日野市にある公民館として、日野市中央公民館がありますよ。

日野市にある公会堂として、日野市民会館、七生公会堂がありますよ。

日野市にある体育施設として、市立南平体育館、市民の森ふれあいホール、市民陸上競技場、市民プール、多摩川グラウンド、万願寺グラウンド、浅川スポーツグラウンド、東光寺グラウンドがありますよ。

日野市にある鉄道は、JR中央本線が北から西へ円弧を描くように走り、京王線が市の南部、浅川の右岸と多摩丘陵の間を東西に走り抜け、高幡不動駅から多摩動物公園駅まで支線が延びていますよ。また、多摩都市モノレール線が南北に走り、甲州街道駅付近で中央自動車道と、高幡不動駅で京王線と交差していますよ。

日野市では、JR中央線、京王線、多摩都市モノレールが市外との主な交通手段となっていますよ。新宿から日野駅・高幡不動駅までは約30分(中央特快または京王線特急利用)程度であり、南多摩地域の中では比較的都心へのアクセスが良好な部類ですよ。

日野市にある主な道路として、中央自動車道、国道20号が東西に通っていますよ。南北方向には都道の整備が進められていますよ。中央自動車道の日野バス停から高速バスを利用することもできますよ。

日野市は隣接する市とは路線バスで連絡していますが、昭島市への路線はありませんよ。(運行は京王電鉄バスと西東京バス)

日野市内の主要駅間は路線バスで結ばれていますよ。(運行はすべて京王電鉄バス)

日野市立病院など公共機関への足としてコミュニティバスを運行していますよ。(京王電鉄バスへの委託運行)

日野市内のバス路線網は充実しており、町名レベルで市内全ての地域に京王電鉄バス・西東京バスの停留所が置かれていますよ。

日野市にある名所・旧跡等として、高幡不動、日野宿本陣(佐藤彦五郎邱)、京王百草園、土方歳三資料館、井上源三郎資料館、百草八幡神社、石田寺(せきでんじ/土方歳三墓)、宝泉寺(井上源三郎墓)、真照寺、平山城址、梅ヶ丘特殊地下壕、八坂神社、大宮神社、神明神社がありますよ。

日野市にあるレジャー施設として、多摩動物公園がありますよ。

日野市にある祭事・イベントとして、日野八坂神社例大祭、日野宮神社例大祭、ひの新撰組まつり、ひのよさこい祭がありますよ。

日野市出身の有名人として、土方歳三、沖田総司、忌野清志郎(RCサクセション)、井浦新(俳優、ファッションモデル)、守口瑤子(女優)、佐藤健太(俳優)、辻仁成(ミュージシャン・小説家)、他、がおられますよ。